自作ヨーグルト(ダノンビオ)

最近、「ダノンビオ」というヨーグルトを食べました。

ダノンビオ

基本ヨーグルトなら何でも好きですが、今まで食べた中でもこのヨーグルトは違いました。

 

・コクがすごい(味が濃い)

・とろみがすごい(ねっとりしてまろやか)

・値段がすごい(170円/1個(75g))

 

今まで自作ヨーグルトは種菌として主にガセリ菌を使っていましたが、

あまりにおいしかったのでこの「ダノンビオ」を種菌としてつくってみました。

 

ダノンビオのHPによれば、このヨーグルトの菌は「BE80菌」といい、生きたまま腸に届いて便通の改善に効果があるそう。控えめな効能表示でしたが、何しろおいしいので気に入りました。

 

温度と発酵時間は、わからなかったので今までガセリ菌でやってきたのと同じ

43℃/7時間で、1リットルの牛乳に100g入れて発酵させてみました。

 

ちなみに僕が使っているヨーグルトメーカはVitantonioというやつで、牛乳パックごと発酵できる仕様です。5000円位で購入しました。

 

7時間発酵させて、その後2~3時間冷蔵庫で冷やしましたが、味のほどはいかに。

 

家族みんなで食べてみました。

 

「…ちょっとすっぱいな」

 

というのが僕の率直な感想でした。種菌はまろやかできつい酸味はありませんでした。

いかんせん作ったものは少しきつめの酸味で、まろやかさがありませんでした。

 

コクは牛乳ベースにしているのでそこそこありましたが。はちみつを多めに入れればもうちょっとよくなるかな?

 

その他に考えられる理由としては、発酵時間が長すぎて酸味が出過ぎた、あるいは入れた種菌の量が多すぎた(でも100g位だったからそんなでもないと思いますが)ことなどが想定されます。

 

まろやかに仕上げるにはどうすればいいのか?想定される理由を一つずつ消していくしかないですが、また今度条件変えて作ってみたいですね。

 

 

 

 

簡単 親子丼

GWとは言っても、何をすればいいのかわからない時もあります。

家内と息子も何をしたいでもなく、テレビを何となく見てリラックスしている。

それはそれでいいのですが…。何か新しいことをやりたいと。

 

そこで、作ったことのない料理をやろうと。

レシピは、クックパッド。鶏ももがあるので焼き鳥丼か親子丼にしよう。

検索するとありました。「簡単、親子丼。」これで決定です。

 

まず、玉ねぎ、たけのこ(旬ですね)と鶏肉を適当に切ってフライパンで炒めます。そこにだしとみずとみりんを混ぜたものを入れて煮込みます。その上に溶き卵をかけ、ごはんの上にかけるだけ。

 

これは本当に簡単だ!

 

ラーメン作るより簡単かもしれない。この簡単さが魅力の親子丼でした。

 

あとは、たけのこ。たまたま親戚にもらったのがあって入れてみたのですが親子丼にマッチしていました。

 

みりんを入れると店の味の雰囲気が出るとクックパッドにありましたが、店の味ってどんな味なんだろう…あまり外で親子丼って食べないけど。普通に美味しく食べれましたよ。

 

 

 

完成した親子丼 簡単でした

 

ファミリーフィッシング

GWに突入しています。

我が家は何をやるという話がないまま迎えてしまいました。前日になって、

「何かやろう」「どっか行こう」とそわそわした話し合いを始めました。

 

色々話して、「釣り」に行くことになりました。

家族で行くのは初めてでした。コロナのご時世もあって、外出そのものの機会が少ないなか、あまり得意ではない「釣り」に決まったのは、家内の押しによるところ大。

 

得意ではないと言ったのは、青年時代(20年くらい前)に何回か1人で釣りに行っていましたが、あまり釣れなかったのでいい記憶がありません。

 

でも経験が全くないわけではない。そこを付かれ、「(みんなで)行こうよ」ということに。家族を釣りに連れていくのは初めての体験でした。

 

何が釣れるのかもはっきり調べず、とりあえず家の近くの新居弁天海釣公園(浜名湖)に行こうと決めました。近くに釣り道具屋さんがあるので、何が釣れているか店員さんに聞けばいいか。朝7時半ごろ、竿とリールだけ持って、浜名湖へ向かいました。釣り道具屋さんは親切にサビキ釣りでイワシと小アジ、投げ釣りでキスも狙えると教えてくれました。シカケとエサ、そして大事なライフジャケットを購入。息子の命は私が守らねば。

 

そんなこんなで、午前9時に新居弁天海釣公園にやっと到着。トイレと駐車場が完備されていて安心です。広い駐車場は、何と8割ほども埋まっていて大盛況。同じことを考える人がこんなにいるとは…。

 

釣り道具屋さんに教わったサビキ釣りをトライ。息子のテンションも最初のうちは高かったのですが、30分ほど釣り糸を垂らしてもうんともすんともいいません。次第に飽きてきて家内と公園内のアスレチックに行ってしまいました。こんなはずでは…と思っていたら当たりが!!リールを巻くと、小さなふぐがかかっていました。ふぐは食べられないのでリリースします。でも、興奮してきました。何をやっているんだ!息子と家内は!!

 

そのうち、小さなイワシがかかり、さらにテンションは上がってきましたが、息子と家内はまだ来ません。なぜ来ない!!

 

やっと戻ってきたときには、またぱったり釣れなくなっていました。ただ、釣れたエビデンスはバケツの中にあるので、息子は「僕もやる」と改めて興味を示しました。竿を預けてしばらくすると、小さなふぐですが釣れました。やったね!

 

やったね!釣れたよ

釣りを始めて2時間位たちました。天気予報で聞いていなかった強風で体が冷え切ってしまい、3人とも風邪を引きそうなほど寒く、「これくらいにしておくか?」となり終了。獲物は、リリースしたふぐを除き、小さなイワシが4匹。ボウズにならなくて良かったですよね。

 

まだGWは始まったばかり。もう一回行こうという話で盛り上がっています。家族で楽しめる新居弁天海釣公園は、我が家のおすすめスポットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「脳の強化書 読了」

最後まで読んで、自己実現の手助けをしてくれた、と気づいた。

 

記憶力や思考力などの脳機能を鍛えることは、確かに必要だが、それそのものが目的ではなく、鍛えた脳を使ってどう生きていきたいか。そのビジョンをゆるぎないものにすることこそが、最も大事なんだ、と。

 

そういえば、若かりしころ、想像していた未来があった。今の自分と比較してみると、ずいぶん違う今がある。普通の人は、みんなそうかもしれない。

 

この本は、若かりしころに想像していた自分へ到達する道しるべが山のように書かれている。そのまま書かれている通りにやってもいけそうだし、書いてあることを応用できれば、自分の想像していた以上の自己実現を手に入れられそうだ、とまで思う。

 

本書は、簡潔で読みやすい、難しくない。子どもでも読めるのではないかと思うくらい。後はやるだけ、読んだだけで終わらせたくない気にさせる。家族にもすすめたいし、不特定多数の人へも自信をもってすすめられる。読んだ人によって感想は異なってくると思うが、人にはそれぞれなりたい自分があると思う。かなりの人の自己実現をサポートする普遍的な力が、本書にはある。

 

「読んでみて」の一言につきる。自分に疑問を感じている人にぜひ。読み終わったら、そこがスタート地点だ。

 

 

 

「脳の強化書2」

他人の考えを理解することは、私の弱いところである。ここを強化するための、色々なトレーニングが紹介されていた。部屋の清掃や模様替え、自己の身だしなみをよくする、といった何気ない日常的な事柄があげられていたのは意外だった。他者の考え方を自分の物にするのが苦手な私としては、コミュニケーション力のうち、受けとる側の力が特に欲しい。

 

部屋の模様替えが他者の考えに対する理解力アップへつながる理屈は、部屋の配置や置いてあるものを理解しなければ、模様替えはできないから。模様替えによって、理解系脳が発達するという。そういえば、家内は模様替えや整理が好き、いわゆる断捨離を好む。他者を理解するためにまず自分の物を理解する。家内はそんなことを考えてやっていないだろうが、トレーニングとして一緒にやることは簡単にできる。はず。

 

そうすると、脳の健康を保つこと、あるいは弱いところを補強するには、何ら特別なことをする必要はなく、一般的に良いと言われていることを基本キチンとやることで達成できる、ということかもしれない。

 

「脳の強化書」

加藤俊徳先生著「脳の強化書」は、脳の働きを高めたい人に有意義な情報が詰まっている。

まだ全部読みきっていないのに、最初の30ページだけで目から鱗が落ちた。

特に私のように加齢による記憶力や判断力が低下した(と思い込んでいる)と悩んでいる人にお薦めしたい。読み進めるうちに、脳活動の不調の原因は、脳活動が一変調子になっているだけかもしれない、と思わされるようになってくる。

まず、脳の仕組みと具体的な補強策が書かれている。脳は、誰でもパターン化した思考に陥り、別の見方をしたがらなくなる気質がある。それを意識的に変えることで、休眠している部分を目覚めさせることができる。

例えば睡眠。脳は睡眠をとることで思考が整理される。また、特に同じ思考傾向にはまって特定の部分が疲弊している場合、リラックスできるとも。

自分の場合、人間関係を円滑化しようと意識的に思考する傾向があり、疲労モードとしては話した人の長所を発見し記憶しようとするときに疲れを感じるパターンが多い。それによりあらゆる人に対して接点を維持しようとする。

ただし、残業が続く時などは逆に上記思考モードが機能しなくなり、逆に人と接点を持ちたくなくなることがあった。

脳は常に全体的に成長しようとするが、特定の部位のみ使用した片寄った思考では、休眠している部位が残っているにもかかわらず休憩を求めて機能停止を求めてしまっていたのだ。

恐らく思考系のみ使って運動系や感情系との連携を模索してこなかったところに問題があると考える。

10分程度の短い睡眠やノー残業デー等が有効とのことだが、それらに加えて他人の思考に自分の思考を委ねてしまうこともトレーニングになるという。

まだ1/3程度しか読み終わっていないが、この段階ですでに自分をいい方向にもっていけそうな手応えを感じることができた。

ピンと来られたかたには一読お薦めする。

10,000歩超え

今日は、1日の歩数が10,000歩を超えました。

 

朝、資源回収の日だったので資源ゴミを公民館に持って行くため車を使いましたが、その後は一切移動に車を使わず、全て歩いて歩数をどこまで増やせるかやってみました。その結果、11,298歩に至ったのです。

 

銀行、近所の図書館、駅前にある床屋、少し離れた幹線道路沿いにあるはま寿司など、家から往復で全て歩きました。

 

最近数年では最も多い歩数でした。普段勤めている工場でも、駐車場から更衣室、そして事務所に行くまでに2,000歩程度稼げるのですが、大体1日で4,500~6,000歩弱程度までしか到達しません。今日初めて到達した10,000歩は、心地よい疲れと、意外にも手をよく振ったため手の筋肉まで筋肉痛になるなど、体全体で変化が体感できました。

 

少し前に体組成計を買ったと書きましたが、毎日のって体組成の変遷を確認しています。今日はまだのっていませんが、体内年齢と足腰年齢が向上していないかが楽しみです。私は今46歳ですが、いつも体内年齢は46~47歳、足腰年齢は50歳と表示されます。10,000歩超えたことで、これがどれくらい改善するのでしょうか。

 

風呂に入る時間までまだ時間がありますが、のってみました。すると体重が昨日より増えている…しかし、筋肉量が増えているためでした。筋肉量が増えるということは体内年齢は下がる傾向か、と思ったらやはり下がって45歳と表示されました。基礎代謝量も上がっていました。一番下がって欲しかった足腰年齢は、残念ながら50歳のままでした。足腰年齢はおそらくもっと筋肉量を増やす必要があるのではと推測しています。

 

1日で劇的に改善などするわけがないですが、それでも改善効果が認められました。今後も週末を中心に歩くことで健康状態を維持していこうと思います。

 

Google Fitによると、今日は7.24km歩き、1,686cal消費した模様です。これだけ歩いて1,686calか…厳しいです…。